「最初の人殺し」創世記四章

神はアべルの心を喜んだが、カインのささげ物はいらないと言われた。カインは弟を心の底からねたんだ。アベルの幸せそうな顔を見ると、ますます腹が立ち、なんとかしてアベルに仕返しをしてやろうと心に決めた。ある日、カインはアベルを誘って野原へ散歩に出かけた。心のどこかで、カインはアベルと仲直りをしたいとも思っていた。

けれども、のどかな田舎道を歩いていくうちに、突然憎しみでカッとなったカインは、何も知らないアベルに襲いかかり、ものすごい一撃で殺してしまった。それは一瞬のできごとだった。すばやくどこかへ立ち去ったカインの背に、神の呼びかけが聞こえた。「あなたの弟はどこにいるのか?」カインは何気ないようすで答えた。「さあ知りませんね。私は弟の番人ではありませんから」神はとても悲しそうに言われた。

「カインよ、おまえはなぜあんなに恐ろしいことをしたのか。弟の血の声が、土の中から私に叫んでいる。私はおまえに影を与える。この土地は、もうおまえのためにみごとな実を結んではくれない。おまえはこれから一生家もなく、さまようことになる」カインは苦しい叫びをあげた。「私への罰は重くてとても負いきれません。私のやったことを知れば、人は私を殺すでしょう」けれども神は「あなたを守ってあげよう。殺される心配はない」と言ってくださった。

カインは自分の農地、自分の家から出ていった。もっと悪いことに、カインは神からも離れていってしまった。カインはあまりにも高慢で、神の忠告をすなおに聞くことかできなかった。弟のアベルを愛し、仲よく暮らす道を選ばずに、アベルを憎み、自分の弟を殺す道を選んでしまったのだ。

— posted by 物部 at 01:15 am